BLOG

こんばんちわー、ベースの鈴木としです。どもども。

暑い。日本熱帯化計画が発動されているに違いない。
そんなクソ暑い中、東京よりさらに暑そうな大阪に行ってきます!!

08/18(日)大阪はアメ村にある、ReedCafe というところで、アコースティックライブです。
前回のブログでも触れましたが、初期のころから es.のサポートをやってくれていた神ちゃんこと神庭渉氏にアコギをお願いしております。
そして、おなじみK-Taくんは、カホンの予定でしたが、WaveDrumという電子パーカッションでの参戦となり、バンドサウンドの es.がどうやってアコースティックアレンジに、、、という不安を払拭する働きをしていただけております!

数日前にライブ前の最終リハだったんだけど、最後までああしようこうしようってのが止まらずに曲によっては原曲と全然違うアレンジになってたり、でもそれがかっこよかったりで、いやーほんと役者が揃うと自然といいものできるよなーーなんて他人事のように思っていたのはナイショw
普段のバンドサウンドの es.とはまた全然違ったアンサンブルをお楽しみいただけると思います。

衣装も、今回は夏ってことで、浴衣だの甚平だの作務衣だのな和装でのステージとなる予定ですがこれもまたレアですね。たぶん二度と無い気がするw

そして、今回のオレの楽しみは、やっぱり鈴くんのステージだねーー。
マナブくんから、中森明菜さんの”帰省”の作詞/作曲者だと聞いたときの衝撃はいまでも忘れられない。
知らない人のために軽く説明すると、マナブくんと鈴くんは、専門学校時代の同級生(神ちゃんとかMasahikoも)で、それ以来の親友関係にあるのだけど、オレのスーパー大好きな”帰省”という曲をこの世に産み出したお方が親友だなんてねー、そりゃ紹介してくれってなるよねw
実際に会ってみると、出で立ちのかっこよさだけでなく、滲み出る人間味とかオーラがすごかった。そして優しい。
鈴くんの歌は、ライブでみないと伝わらない。これは圧倒的にいい意味で。
はじめて聴いた人の知らない歌でぼろぼろ泣いている人がいつもいるって、これ中々ですよほんと。
気がつくとすーーーって心に入ってくるあの感じはどんな著名な歌手でもそうそう出会えるものではないと思う。

そんな、鈴康寛の歌をぜひ聞きに来てください。

あと、近況報告ー!!

ただいま、10月のハロウィンに向けてシングルを制作中です。
あー、そろそろレコーディングのスケジュール立てねば。。時間ねぇ。。
リリースは、10/15を予定してますが、どうなることやら。

そして、ちょっと変わり種なPVの制作も予定していますが、こちらは出来上がるまで内緒!w

と、いうことで、8/18大阪アメ村ReedCafeで待ってまーす!!!

[Schedule] 2019-08-18(日)
[Time] Open 17:30 / Start 18:00
[Place] 大阪Reed Cafe
[Charge] 前売 /当日 3,000円 別途 1ドリンク
[Act]
es. / 鈴康弘 / 打越元久