BLOG

どもー。ベースの鈴木としです。

気がつけば年も明けてて、今年もどうかよろしくお願いしますmm

寝ても覚めてもずーーっっと、3/12のワンマンライブとこの日にリリース予定の15分の長編シングル”断琴”のことばかり考えて、行動してます。

ある日の行動。

06:30 起床
08:30 – 14:30 断琴のREC、MIX
14:30 – 15:00 ランチ
15:00 – 21:00 釜石でのインタビュー動画編集
21:00 – 未明 ベース、ギターの練習

合間合間にメンバーや今回手伝ってくれてるミュージシャンやスタッフたちとLINEでやりとりしつつ、あっという間に一日が終わっていく。。
家族にもだいぶ、負担かけちゃってるよなー、、、、パパちゃん、遊んであげられなくてごめんな。。

まあ、とにかく、ずっと考えてます。
どうやったら、3/12にみんなに少しでも楽しんでもらえるか。
どうやったら、気分良くお酒を飲んでもらえるか。
どうやったら、心に届く曲になるか。
どうやったら、どうやったら。。

同じように、”断琴”の制作過程では、非常に多くの試行錯誤と葛藤がありました。

前回のブログで少し触れましたが、最初は思いつきだったんですよね。
でも、Masahikoから曲のデモが上がってきて、それを聴いてたらどんどん想像が膨らんでいって、この曲にどんな意味を込めようって考え出して、復興支援イベントに関わらせてもらってるのもあって、どんどん思考はディープな方に向かっていって。。

メンバーとスタッフに、いちばん大切なものを失った経験を文章で書いてもらって、それを元にストーリーを再構成して、マナブが歌詞を書いたり。<- みんなにはツラいことを思い出させてしまってすいませんでしたmm

ストーリーを元に、Masahikoが書いた曲を一度全部バラバラにして、再構築したり。

再構築したら足りないパーツが出てきたから、そこから新たに作曲したり。

気がついたら、デモが上がってきてから丸9ヶ月。15分あるとはいえ、たった1曲にこれだけの密度で接して作っていくって結構エネルギーいりますw

あと、これは個人的な話しですが、曲の中盤より後ろに2Beatの激しい部分があるんですが、そこの歌詞はオレの古い友人が亡くなったときの心情を描いています。
いつも聴くたび、弾くたびに怒りや寂しさや悲しみが湧いてきて、視界がぼやけます。
断琴は、すべてのパートに物語があって、曲全体で”生きる”っていう大きなテーマをes. なりに著した、es. 渾身の曲です。

CDは3/12のワンマンライブの会場でリリース予定ですが、それに先立って、MVを2月にお届けできるかも?

とにかく、聴いてほしい。

曲のキャッチコピーを一部抜粋。少しでもイメージ湧くかな?

今も忘れられない面影に寄り添う すべての人へ
”es.” 渾身の長編シングル <断琴 (だんきん) – albireo – >

思えども、思えども変えられない現実。
進まなければならない残酷な毎日。
それでも今日も、
空をみて、風を感じ、君を想う。
過去いた自分に、今居ぬ君に、
過去を思い、今を想う、
ここに立つ意味を問いながら。
大切な何かを失っても生きること、
生き続けることの苦悩をテーマに掲げた
”es.” 渾身の長編シングル <断琴 – albireo – >
今も忘れられない面影に寄り添うすべての人へ