東日本大震災復興支援Specialワンマンライブ ”ガキにはわかるまい Vol.03”

このイベントの為に「生きる」をテーマに15分の大作 ”断琴” を作成中です。
また、並行して、Music Videoの制作も行っています!
イベントの企画も沢山考えてますので、2018/3/12は今からスケジュール空けといてくださいね!!

少しだけネタバラシ。
* フライヤーの一部にこの曲の歌詞が使われてます。
* この日の入場者全員に新曲 ”断琴” のCDをプレゼントします(CD-Rとかじゃないちゃんとしたやつですよ)!!
* この日、この場所でしかGetできない、シリコンバンドを企画中!!
* ドラムのMasahikoがベース弾きます!!?
* ってことは、ベースのとしは何を?? マナブは??
* es. のサポートギターではお馴染みの神庭氏の他、Divided by One からヴォーカリストの shun がギタリストとして参加決定!!
* abema TV fresh!! の獅子王チャンネルで生放送あるかも!?

 

15分におよぶ長編シングル <断琴 – albireo – > に込めた、”es.”の想い

”es.”が結成された当初、巣鴨 獅子王に出演したことがきっかけで、2011年3月11日に発生した「東日本大震災」の復興支援イベントに携わるようになりました。そこでの人との出会い、結び付き、一介のバンドマンに何ができるのかを考えるようになり、今回の長編曲の制作に至りました。
 
曲のタイトルにある「断琴(だんきん)」とは、中国の故事「断琴の交わり」より得た言葉で
「かけがえのない心の通い合う友情」という意味を指します。
震災等の天災被害に遭った方をはじめ、最愛の人を亡くした方、
「断琴の交わり = 大切な何か」を失った経験のある方にぜひ聴いて欲しいと言う思いでタイトルに付けました。
 
<断琴 – albireo – >のテーマは「生きる」、ということです。
大切な何かを失っても生きること、生き続けることの苦悩をテーマに掲げ、詩も曲も制作しています。
サブタイトルの”albireo” は、星座・白鳥座を形成する星の名前。チャイコフスキーの偉大なる名曲「白鳥の湖」の一節を”es.” 流にアレンジしたこの曲で、解答のない大きなテーマ「生きる」を表現できればと思っています。
 
変えられない現実が目の前にあっても、それでも前を向いて進まなければならない。
今も忘れられない面影や風景に寄り添い、追い続けるすべての人に贈りたい。
そんな思いを込めたら、15分という長編曲が生まれました。
「生きる」という大きなテーマですが、”es.”の気持ちを著した渾身の作品になったと自負しています。
ぜひ、大切な人と聴いていただきたいと思っています。
©  es. official site All Rights Reserved.
PAGE TOP