BLOG

どもー、ベースのとしです。
この金曜土曜(2017.11.17-18)で、行ってきました岩手県釜石市!
巣鴨獅子王の復興支援イベントに参加させてもらうようになってから、ずっと訪れたかった土地で、今回ようやく念願が叶いました。

今回は日帰りのメンバーやスタッフもいたのと、現在製作中の楽曲のMV撮影も兼ねていた為、夜中に東京を出発して、朝08:00頃に釜石に到着。
釜石出身の獅子王の丸ちゃんに、市内を車で走りながら、震災時の被害状況やそれに纏わる話しを色々と聞かせてもらいました。

マナブくんが前回訪れた2016年4月と比べると、整地が進み、住居や工場などの建物も多く建っていたようですが、丸ちゃんのご実家があった場所には、新しい水産工場が建設されていたり、道路が新しく敷設されたりと、震災前の街の様子は面影もなく、ただただ、不自然に新しい建物がそこにあるだけでした。
ここ一年で建設が進んでいる理由も、住宅を建て替えたり購入したりするときの支援金の期限が、平成30年の4月までであることが理由の一つにあるとのことでした。
盛土や整地が完了していない中、住む場所に迷う人もいるはず。それでも期限を切って、それ以降は支援金は払いません。ってのは、どんな理由があるにせよ、酷いことだなと。。

そんな町並みを見ていてふと感じた疑問。
なんで、津波被害にあった同じ場所にまた家を建てるのか?

その疑問は、丸ちゃんの親父さんで、釜石市社会福祉協議会の会長でもある、丸木さんが答えてくれました。
一つは、津波被害に対する覚悟。歴史的に何度かの津波被害を経験しているため、流されたらまた建てる。逃げて命が助かればそれでいい。という考え方。
もう一つは、土地を持っていて、年齢的に住宅ローンを完済することが難しい方。要は、場所を変えると新たに土地代がかかる(土地の価値は震災によりリセットされてしまい、元の価格の3割程度で買い叩かれるとのこと。それなのに別の土地を買うときに3割の値段で買えるわけではない)ためらしいです。
全ての方がこの二つの理由に当て嵌まるわけではないと思うけど、ここにも復興が遅れている闇がある気がしました。

 

釜石の中心地での撮影を終え、中心地から少し外れた水海公園へ。
ここは、一見とても綺麗で静かな海岸の公園なんですが、津波の後、整備の手が入っていないそうで、確かに、廃墟と化した建物や、以前はコンクリートに埋まっていた筈の何かの直径1メートルはありそうな大きなパイプが断裂し、全然違う場所に転がっていたりしました。

また、この海岸から見える対岸には、以前、沢山の住宅が立ち並んでいたそうですが、今はただの平地しか見えませんでした。

さらに中心地から離れ、大槌町まで行くと、盛土工事が今も尚、かなりの規模で続けられていて、更地や整地前の土地がかなりを占めている状況でした。

その工事の規模もすごく、例えが軽率かもですが、進撃の巨人に出てくる、壁そのものを建てている印象。ただ、地元の方からは、こんなものを建てたって、それ以上の津波がきたら意味ないじゃんという声も多いそうです。
まだまだプレハブの仮設住宅が多い中、どこに予算を割くか、難しい問題ではあると思いますが、果たしていくらかかってるんだろう?という疑問が大きかったです。

釜石市は、津波から7年近く経った今も、ぜんぜん復興してませんでした。

その夜、丸木さんが予約してくださった、”岬”という店で、マナブくんと3人で杯を交わしながら、丸木さんがいろんな話しを聞かせてくれました。
その後、ご自宅に招いていただいて、ずーずーしくも上がり込み、お袋さんも加わり、4人で地元の酒”浜千鳥”を呑みながら、これまたいろんな話しを聞かせていただきました。

このときの話しは、みんなにも直接聞いて欲しいので、後日、この日の映像を公開しますね。

あ、ちなみに、丸ちゃんはすでに寝ていて来たことにも気づかなかったってw
疲れてるところをロングドライブさせてしまってすまなかった、、、

そんなこんなで、今、帰りの車の中でこの文章を書いていますが、想いも新たにというか、決意も新たにというか、3月の復興支援ワンマンイベント、”ガキにはわかるまい vol.03″ で、少しでも釜石の復興に貢献できたらいいなと。強く想っています。

みんなは、2018.03.12(震災から7周年の翌日)に獅子王に友達を1人以上連れて、ただただ、ライブを楽しんで、楽しくお酒を飲んでくれたら、それが釜石のためになります!!
楽しむことが人のためになるって、これ、なかなか凄いことだなって思う。
そのために、今やれることを全部やる!!みんなが最高に楽しめるようにいろいろ考えてます!!

 

その前に、12/12も獅子王でライブあるので、こちらにも是非遊びにきてね!
この日も復興支援イベントです!!

最後に、往復の運転や釜石での案内を最高の気遣いでやってくれた、丸ちゃん、本当にありがとう。
丸ちゃんのご両親にも本当にお世話になってしまった、、ありがとうございました!!
いろんな貴重なお話、心に刻みます。